耐ピンホール性

耐ピンホール性とは

ピンホールとは主に流通の段階でプラスチックフィルムの包装袋に発生する小さな穴のことをいいます。袋の内容物が食品の場合、その穴から酸素が大量に入り腐敗したり、細菌が入ったりすることになるので、ピンホールは防がなければなりません。

一般的にはナイロンフィルムが優秀とされており、主には耐屈曲性や耐摩耗性が実際の機能となります。

耐ピンホール性に関するグンゼの技術

耐ピンホール性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP