透明性

透明性とは

食品包装では、内容物がよく見えるという観点から、透明性の高さが求められます。
透明性は、樹脂特性の影響も大きいですが、製造条件も影響します。
透明性を表す評価方法は、全光線透過、ヘイズ、透視感などがあり、業界により使用する方法は異なります
透明性については、樹脂の選択と製造条件の最適化が重要です。
核剤の混合などにより、プラスチックフィルムの結晶の大きさをコントロールすることで透明性の向上を図ります。
小さい結晶にコントロールすることで、プラスチックフィルム内の光の散乱を抑制し、透明性を向上させることができます。一方で樹脂特有の色もあることから、透明性を向上させられない場合もあります。

グンゼでは、透明性が求められるOPPフィルムにおいて、シート成型時の冷却方法(急冷)と原料の配合処方にノウハウがあり、高い透明性を持つフィルムをご提案できます。

透明性に関するグンゼの技術

透明性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP