帯電防止性

帯電防止性とは

一般的にプラスチックフィルムは、静電気を帯びやすく(帯電性)、フィルムに帯電した静電気は、製造工程、二次加工工程や最終製品など、それぞれの段階において不具合を発生させる原因となります。例えば、袋の状態で帯電した場合は、周囲のほこりや異物を引き付け、袋が汚染され易くなります。

このような静電気の帯電を防止することを帯電防止といい、この目的で使用される添加剤を帯電防止剤と呼びます。除電設備により静電気を除去することも可能ですが、安定した帯電防止を目的とする場合は、帯電防止剤やカーボン等フィラーをフィルム中に練り込みます。

帯電防止性付与

プラスチックフィルムの帯電防止は、帯電防止剤の表面塗布や練り込みにより形成されます。

最も一般的な方法が練り込み(コンパウンド)であり、プラスチック成型時に可塑剤、酸化防止剤等の添加剤とともに帯電防止剤を練り込むことや原料にカーボンをコンパウンドすることにより、帯電防止性を発揮させます。

帯電防止機能のメカニズムは、帯電防止剤やカーボン種によっていろいろとあり、目的とする帯電防止機能によって選択します。

帯電防止効果を効率よく発揮させるためには、最適な原材料選定とコンパウンド、樹脂成型ノウハウが必要です。グンゼが保有する多層化技術や分散・混合技術により他の機能を阻害することなく、効率よく帯電防止性を確保することができます。

その事例として、グンゼではロールの汚れ防止用フッ素樹脂性ロールカバーを製造していますが、通常フッ素樹脂は離型性が高い半面、表面が非常に帯電しやすい性質をもっています。静電気によるスパークや、地面のほこりを巻き込むことを防ぐため、カーボンを分散したフッ素樹脂により導電タイプのフッ素ロールカバーを製造することが可能です。

絶縁性とは、電気を通しにくい特性を指します。通常プラスチック材料は絶縁性を持ちますが、材料によりその特性や強度は変わります。グンゼでは、プラスチック材料の中でも絶縁性が高いといわれるフッ素樹脂のチューブを製造でき、自動車や航空宇宙産業等高温下での絶縁性を付与する目的では、1φ以下から300φまでフッ素樹脂の収縮チューブをラインナップしています。

帯電防止性に関するグンゼの技術

帯電防止性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP