離型性

離型性とは

非粘着性とも呼ばれ、材料表面に粘着物や異物が付着しにくくする機能です。

プラスチックフィルムの用途では粘着剤や粘着層が設けられている場合など、粘着機能から剥がれ易くする必要があります。

例えば、プラスチックフィルムの片面に粘着層があった場合、ロール状に巻き取るとフィルム同士が粘着してしまうので、反対面には離型性を付与し付着を防ぐことがあります。

離型性付与

離型性は、目的に合った離型効果のあるプラスチック素材を選定し、フィルムの表面に塗布又は層を形成することで発揮させます。また、フッ素樹脂やシリコン等の離型性の高い材料を選択することでも機能を付与できます。

グンゼでは素材選定と異種多層化技術を組み合わせやフッ素樹脂の成型を行うことができます。

離型性に関するグンゼの技術

離型性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP