柔軟性

柔軟性とは

プラスチックフィルムでの柔軟性は、単純に柔らかいフィルムを指すことが一般的です。
フィルムにした場合、原料素材の特長とともに、製造条件、特に延伸条件もフィルムの柔軟性に影響を与えます。
柔軟性に対してフィルムの「腰」という表現をよく使用します。袋にした場合、「腰」が強いとパリッとした張りのある高級感のある袋になり、「腰」がないとフニャとした安物の袋と評価されます。ロールカバーや絶縁チューブの場合は「腰」固さにより、ハンドリング性等作業面に影響を与えます。
最近は、詰め替え用袋など自立袋が多くなってきていますが、自立する為には、フィルムの「腰」が重要となりますが、同時に薄膜化も求められており、相反する機能を両立させる為、難易度が高くなっています。

プラスチックフィルムの柔軟性は、プラスチックの素材選定と、延伸などの製造条件で設計していきます。プラスチック以外の無機物等フィラーを混合することでも柔軟性を変更できますが、それに伴い透明性が低下するため、包装用ではあまり採用されません。一方で、一般産業用途等においても無機物等フィラーを混合することで強度アップをさせることができますが、プラスチック素材が持つ特性を低下させる可能性がある事から、「腰」と特性のバランスを制御することが重要です。

グンゼでは、素材選定や延伸条件以外に、異種多層化技術、分散・混合技術を組み合わせることが可能です。

柔軟性に関するグンゼの技術

柔軟性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP