寸法安定性

寸法安定性とは

包装袋では、製袋時の熱によるプラスチックフィルムの微小な収縮が発生し、この現象は袋の見栄えの悪化に繋がり、程度が大きく許容範囲を超えると不良とされます。
製袋時のような熱がなくても、室温下でも少しずつフィルムは収縮していくことがあります。このような現象を発生しにくくするためには、寸法安定性が良いプラスチックフィルムを使用することが必要です。
寸法安定性は、プラスチックの樹脂特性に寄与しますが、生産工程中の熱固定温度の条件にも影響されます。
プラスチックフィルムの寸法安定性は、樹脂選択と製造の延伸倍率や熱固定温度条件で制御します。

グンゼの収縮ラベル用プラスチックフィルムでは、異種多層化により寸法安定性を向上させています。寸法安定性に優れる樹脂と多層にすることにより、もともとの機能を保持しながら、寸法安定性を改善させることが可能となります。また、金型設計や樹脂流量等成形条件の変更により、寸法安定性や精度を高めることができます。

寸法安定性に関するグンゼの技術

寸法安定性に関するグンゼの技術をご紹介します。

新製品開発・技術に関してのお問い合わせ・ご相談は
ソリューションプロジェクトまで

お電話でのお問い合わせの場合

06-6733-7055
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Webからのお問い合わせの場合

お問い合わせフォームへ
PAGE TOP